ALCHEMIST LLC.

個人やオーナーのアイデンティティを資産に変えるプロデュースエージェンシー。

about us

ブランドビジネス構築の錬金術師。



ALCHEMISTは、個人(あるいはオーナー)のアイデンティティからブランドを開発、
戦略立案と実行を請け負い、デジタル時代のブランド戦略を提案します。

個人のアイデンティティから得られたミッション、ビジョン、コンセプトを可視化することで、事業戦略を提案。
具体的な施策としてクリエイティブ、マーケティング、メディア運用、プラットホーム開発をワンストップで行います。

企業が抱える課題としてのブランディング、あるいはアーティストがその活動を未来に存続させるための手段として、
ブランドビジネスを提案することにより、知的財産を錬金。その価値を持続可能な形で最大化します。


mission 「新しい物語を創造する」




私たちは、個人・法人・事業・商品が持つ価値を再定義することで、長期にわたって愛されるブランドを開発・運用します。
差別化されたブランドを開発するうえでは、理念にもとづいた独自の新しい物語が必要になります。

関わった人間の価値観を変えるような、豊かな体験を届けるブランドストーリーを、ひとりでも多くの方に提案することで、
長期的視点に基づいた人生、および経営戦略を立案し、持続可能性のある事業を生み出すことが可能になります。

こういった物語をパートナーによりそって共同で作り上げ、完成した物語を展開、関わる方々を豊かにするための取り組みを、
アルケミストは長期にわたって支援していきます。

value 「個人・法人のアイデンティティを資産に変える」




人間・社会・事業・商品が潜在的に持っているアイデンティティ(ブランドストーリー)を再定義し、ブランド開発と運用を実践します。
現状、機能やサービスのよしあしや、数字のみにコミットメントして作り上げた事業にブランドストーリーを付与することにより、
顧客をブランドのファンに変容させます。

これにより、

1.利益率向上

2.持続可能性(LTV)向上

3.営業・マーケティングコスト削減

4.クレーム削減

を実現し、安定的で長続きするブランドビジネスを立ち上げることが可能になります。

service

Branding to Technology


クライアントのアイデンティティの棚卸しからはじまり、
ソフト領域のブランディング(ブランドイメージ設定、ロードマップ策定、フューチャーイメージ策定)からハード領域のクリエイティブ(書籍、HP、メディア発信、ムービー)までの戦略構築、発生したメディアの運用を提案します。

人間性の軸を起点にした全方位型の展開にあたり、いわゆる提案のみで終わることなく、
ビジネスデザイン全体をフォローします。
 
我々のコンセプトは、ブランディング/マーケティング/クリエイティブ/コンテンツ&リレーションの一本化、体系化です。

人間がそもそも生まれたときからつちかってきた哲学や価値観。
これらが持っている言語/非言語の美しさを具現化し、さながら錬金術のように美しい作品/商品/ブランドにつなげていきます。

目先の利益にとらわれて、短期的な戦略に終始するのではなく、
長期的な視点をとりいれた、 世界にひとつだけのブランドストーリーを提案し、
利益に結びつけるための活動をトータルサポートします。


concept

Re:branding 



私たちのすべての提案は、パートナーのなかにすでに存在していると考えています。
 
ですので、個人の人間性を無視した提案、人間性がベースになっていない提案は一切しません。
新しいものをゼロから生み出すのではなく、すでに原石のなかに埋まっている輝きを取り戻し、より良い形で世の中に届けること。
 
そのために、ヒューマニズム(人間の尊厳を讃える)を目に見える資産にかえ、運用していくことを目的とします。

忘れていたものを思い出す。

人間性を再構築する。


新たな展開を創り出す。

business - ブランドマネージメントの一元管理システム


ALCHEMISTのすべての提案は、理念の可視化からはじまります。

ですので、ブランドストーリーやコンセプトがないところからのマーケティング、クリエイティブはありえません。 

ブランド戦略の基本である一貫性/反復性/継続性を担保して、企業価値を高めていくために、
まずは入念なヒアリングを行い、適切な打ち手を考案し、強固な自社ブランドを開発します。

そののち、なぜ、現状の商品/作品/事業は差別化が進まないのか? 
その原因を特定し、ブランドイメージを保護しつつ、すべての領域において一貫した収益モデルを提案し、
マーケティング戦略とクリエイティブ戦略を提案します。

さらには、ブランディングの本質は関係性づくりです。
ファンとどうやって継続的なコミュニケーションを構築していくかについても、運用方法を提案します。
 
その際、全般の管理について、プラットホーム開発を提案することにより、
生み出したブランド価値を測定可能にします。

technology - ファンとの関係性を定量化


プラットホーム開発を出口に。


コンセプトやブランドのロイヤルティなど、無形の財産を保護するため、
自社プラットホーム、オウンドメディア開発の企画を行なっております。
ブランドを開発してから運用し、最終的にファンの方々をブランドに定着させるための手段として、
ビジネスモデルを同時に提案することで、
開発されたブランド運用の効果を定量的に観測することが可能になります。

ブランディングのジャイロ効果


物体が自転運動をすると(自転が高速なほど)姿勢を乱されにくくなる現象のことを、
ジャイロ効果と呼びます。
 
個人が持っている軸にたいして、Re:MINDのアプローチでアイデンティティを呼び起こし、
生まれた人間性をRe:UNION、アウトプットとしてRe:MAKEのクリエイティブを提案。
 
事業を加速させて高速運動を展開、ブレることがないブランド戦略を立案、実行していきます。

membership

Yusuke Watanabe 

渡邊 勇介

 CEO/代表
ブランドマネージャー/コンセプター

 1986年生まれ。立教大学法学部中退。大学時代に舞台制作に没頭する。

 大学を中退後、舞台制作の現場で、映像制作会社にて、映像クリエイター、デザイナーとして企業の販促用動画を制作しつつ、オウンドメディアを使ったコンテンツ制作の仕事を担当。

 そののち、プロダクトマネージャー、マーケティング担当として、企業のプロダクトや、タレント活動、およびイベントにおける新規のブランド開発から展開までの全工程を俯瞰して管理する業務に従事。CMOとして実務と管理の両側面から事業をサポートする。

 個人事業主、タレント、重要無形文化財、直木賞作家、社団法人、アパレルブランドオーナー、NPO団体、教育事業、海外支援事業などに関する新規事業立ち上げに関する実務経験や、戦略コンサルティング、新設法人における新規プロジェクトの構築、事業計画作成、それに伴う発信体制の構築、各種ブランディング、PR方針の提案、クリエイティブ制作のディレクションなど、幅広く実務と管理を経験する。

 主に新規事業/新商品開発の構築にあたる際、創業者、経営者、オーナー、アーティストの新規事業構築を多数経験、理念形成から実行までの戦略構築代行、事業構築代行をサポート。創業者や個人が持っている理念を言語化して、価値定義をし、無形の概念を資産に変換することを提案している。

 新規事業を立ち上げる際、コストの面やコミュニケーションの面からも、ワンストップで企画の立案から実行までを、一括して執行できる人材の必要性に気づき、2018年に設立した合同会社において、新規事業のブランド開発と展開(プロダクトマネージメント/ブランドマネージメント)に特化した事業を立ち上げる。

 趣味ストリートダンス、物書き、読書。影響を受けたものは、東洋思想、河合隼雄、鈴木大拙、村上春樹、ユング心理学。好きな作家はレイモンド・チャンドラー。

Hiroshi Tomita

富田 浩

CMO/マーケティング顧問
ブランドマネージャー


 上智大学法学部卒。 日産自動車株式会社 、海外営業本部で12年間、自動車の輸出営業を担当。

 その後、メルセデス・ベンツ日本のマーケティング部で7年間に亘り、広告宣伝・販促を担当する。 さらに、ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパンの米国系広告代理店で4年間、フォード自動車を担当後、再び自動車メーカーに戻り、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン のマーケティング部門において10年間、広告宣伝・販促・CRMを担当、一貫して自動車のマーケティングビジネスに携わる。

 メルセデス・ベンツ時代のブランド強化キャンペーン「メルセデスの嘘」、「メルセデスの非常識」、「人は誰でもミスをする」、フォルクスワーゲンでは「期待を超える何かがある」といったブランドスローガンとともに、クルマを出さないブランド広告を展開。朝日広告賞、日経広告賞、読売広告賞、新聞広告賞、雑誌広告賞、ACC賞、広告電通賞、消費者のためになった広告コンクール賞など、数十の広告賞を連続して受賞。日本の広告業界に大きな影響を与えた。

 ブランド広告を継続したことにより、メルセデス・ベンツの販売台数は、BMWを初めて抜いて輸入車No.1となり、また、フォルクスワーゲンに移ってからは、再びフォルクスワーゲンを輸入車No.1ブランドにし、在籍中、輸入車トップの座を支えてきた。 現在は、ブランディング、マーケティング、カスタマーサービス支援、企業の経営コンサルティング、企業と企業の協業を実現させるビジネスマッチングなど、幅広くてがける、ブランド戦略のスペシャリスト。 

Masanori Watanabe

渡辺 壮宜

CCO/チーフクリエイティブオフィサー

 アートディレクター/デザイナー。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。10代後半にストリートダンスとバイクに出会う。カルチャーとインダストリアルに触れ漠然とクリエイターになりたいと美大に進学。その後も具体性を持たないまま20代を過ごす。具体性はないが向上心と好奇心は強く刹那的に興味を持ったアートワークに関わっていく。

・広告プロダクショングラフィックデザイナー
・カーモデラー/インダストリアルデザイン
・鍛鉄/板金
・WEBデザイナー
・フォトグラファー/レタッチャー
・イラストレーター
・3DCGモデラー
・映像編集

ほか多数のアートディレクションに参加。

 Iphone3GSを初めて手にとってモバイルの時代が来ると確信、その後のキャリアをモバイル系のUI/UXデザイナーに絞る。約4年間2つの会社でモバイル系のアートディレクター/デザイナーとして従事。ヒット作にも恵まれて2015年にフリーランスとして独立。以降は独立までのキャリア前半の広告デザインと後半のモバイルのデザインを主に行い、その後法人化。現在は0→1のブランド構築、形骸化してしまったVIの再定義など、より上流部分のデザイン業態にシフトすべくCIデザイン、アイデンティティの構築などを積極的に行う。
 趣味はドライブでデフやミッションの脱着が出来るほど自他共に認める機械マニア。

Naoya Ooue
大上 直哉

CFO/会計・財務

 同志社大学生命医科学部卒業。

 地方銀行に入行、主に個人リテール、法人融資を担当し、基礎的な会計知識を習得。不良債権の管理、回収にも携わり管理体制の概要を把握。建設業、小売業、不動産業などを担当し、約3年間の勤務を経て、外資系生命保険会社へ入社。新規開拓の生保営業を行う。200回を超える個人面談を通じて、資産運用の必要性を痛感し、ポートフォリオ管理、運用について本格的に学びだす。

 そののち、扱う資産を不動産関係へと移行。不動産会社へ事務局長として入社し、主に総務・経理業務を担当。グループの管理会計を横断的に担当する。また、事務局長としては不動産会社の総務・管理体制を構築し、バックオフィス業務についてトータルでフォロー。大企業での勤務経験とベンチャー企業での管理体制の立ち上げを経て管理業務に精通。

 現在は金融機関で培った経験をもとに、ベンチャー企業に対して、財務戦略を提案。業務としての経理にとどまることなく、PL/BSをベースに財務状況を分析し、適切なアドバイスを心掛けている。

company

社名 合同会社アルケミスト
設立 2018年10月2日
代表社員 渡邊 勇介
所在地

〒106-0045
東京都港区麻布十番1丁目4−7 麻布マスターズ7階

E-mail

info@alchemist.tokyo

電話番号

050-5437-8233

主要事業内容

広告業 戦略系コンサルティング

所在地

〒106-0045
東京都港区麻布十番1丁目4−7 麻布マスターズ7階

contact us/資料請求

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信